top of page
白い木目

お知らせ

  • 優 今野

コンタクトレンズについての記事をFacebook Page に書きました

眼科の外来で

病気ではないのですが

定期的に通院されていらっしゃる方々が

います。


そうです。

コンタクトレンズ検診の方々です。


年齢層にしてみますと

10代の方から

60代、時には70代の方も

いらっしゃいます。


基本的には

コンタクトレンズ検診で

通院されている方々は

病気をお持ちではありませんので

クリニックを受診する気持ちも

軽いのではないかと思います。


コンタクトレンズで

目にトラブルを起こしてしまうと

眼科の患者さんになってしまいます。


コンタクトレンズ検診で

通院されてる方々には

眼科の患者さんにならないように

コンタクトレンズで

目にトラブルを起こさないように

注意喚起をしています。


そこで通院されている方々には

月刊コンタクトレンズ検診情報を

お渡ししています。


今月の検診情報は

コンタクトレンズで

トラブルにならないために

「きちんと正しく使いましょう」

です。


コンタクトレンズの

不適切な使用により

10人から14人に一人に

眼障害が発生していると

報告されています。


不適切な使用とは?

適切な使い方をしていないと、

年令を重ねたとき、

コンタクトレンズが

使えなくなることがあります。


1.装用時間が長過ぎる

→ソフトレンズは

 1日10時間までにする

→ハードレンズは

 1日14時間までにする

(ご自身のいつもの装用実感を

 指を折りながら

 数えてくださいね


2.中途半端なケアでの使用

→毎日、きちんと擦り洗いをする。

 ワンデーは使用後捨てる。

→使用期限(1日、2週間、1か月)

 を守る。


3.きちんと角膜に合っていないレンズの使用

→眼科できちんと診察を受ける


4.酸素透過性が悪い

→近視度数が強い場合、

 装用時間が長い場合

 ハードレンズに替える


きちんと正しく使って

トラブルにならないように

気を付けましょうね。


気を付けて使っていても

トラブルになった時

目が痛くなったり

浅くなったりした時は

まずすぐレンズを

はずしてくださいね。

最新記事

すべて表示

眼科外来では 目に不調を感じる方が 受診されると 思われるでしょうが もちろん目に不調を感じて 受診される方もいらっしゃいますが 不調は自覚していないけれども 異常が起きているので 通院されている 緑内障 糖尿病網膜症 といった目の慢性疾患の方 見えにくいということの 不調の原因が白内障で 手術をすることによって 不調がなくなったけれども 手術後の検診に通院されている方 も多くいらっしゃいます。

毎月初めにスタッフがそれぞれ優しい眼科情報を書いてくれています。 今月もコンタクトレンズに関する情報がありましたので、紹介します。 『ソフトコンタクトの正しくない使い方 2』 前回は <1.汚れや化粧品がついた手でレンズに触れる> <2.レンズをつけたまま眠ってしまう> <3.洗浄のとき、こすり洗いをしない> の3つをご紹介しました。 今回は正しくない2つを紹介します。 <4.レンズケースが汚れて

毎日、白内障手術は行っていますが コンタクトレンズ診療にも 力を入れています。 私は近視で 小学5年生の時に初めて眼鏡をかけました。 最初は軽い近視だったのですが 父も母も眼鏡をかけていなかったのですが 毎日、マンガを読んでいたのが 悪かったのか 年々、近視が進んで 毎年、眼鏡の度数を上げないといけない 状況でした。 毎年、少しずつ眼鏡の厚さが増していき 大学に入ったころには かなり分厚い眼鏡にな

bottom of page