白い木目

お知らせ

  • 優 今野

コンタクトレンズのホームページを作成しました

こんの優眼科クリニックは日帰り白内障手術を平日に毎日行なっています。

その一方で、コンタクトレンズで目に問題を起こしている方に心を痛めています。


院長の私は、強度近視で大学2年生の時にソフトコンタクトレンズを使い始めました。

大学6年生の時に眼科の講義で、酸素透過性ハードレンズの方が目に優しいことを学び、それ以来、ハードレンズに変更し、現在は遠近両用ハードレンズを毎日使用しています。

コンタクトレンズを誤って使用していることによって、目に負担をかけている方も多く見受けられますので、今回新しくコンタクトレンズに特化したホームページを作成しました。


日々の診療の中で、お伝えしたいことをここにも書いていこうと思います。

メガネをかけずに過ごせるとてもありがたいコンタクトレンズで、目にトラブルを起こさないように、コンタクトレンズは正しく使っていきましょう。

最新記事

すべて表示

眼科の外来で 病気ではないのですが 定期的に通院されていらっしゃる方々が います。 そうです。 コンタクトレンズ検診の方々です。 年齢層にしてみますと 10代の方から 60代、時には70代の方も いらっしゃいます。 基本的には コンタクトレンズ検診で 通院されている方々は 病気をお持ちではありませんので クリニックを受診する気持ちも 軽いのではないかと思います。 コンタクトレンズで 目にトラブルを

毎月初めにスタッフがそれぞれ優しい眼科情報を書いてくれています。 今月もコンタクトレンズに関する情報がありましたので、紹介します。 『ソフトコンタクトの正しくない使い方 2』 前回は <1.汚れや化粧品がついた手でレンズに触れる> <2.レンズをつけたまま眠ってしまう> <3.洗浄のとき、こすり洗いをしない> の3つをご紹介しました。 今回は正しくない2つを紹介します。 <4.レンズケースが汚れて

毎日、白内障手術は行っていますが コンタクトレンズ診療にも 力を入れています。 私は近視で 小学5年生の時に初めて眼鏡をかけました。 最初は軽い近視だったのですが 父も母も眼鏡をかけていなかったのですが 毎日、マンガを読んでいたのが 悪かったのか 年々、近視が進んで 毎年、眼鏡の度数を上げないといけない 状況でした。 毎年、少しずつ眼鏡の厚さが増していき 大学に入ったころには かなり分厚い眼鏡にな