top of page
白い木目

お知らせ

  • 優 今野

コンタクトレンズデビュー

3月に入りまして


今週は高校入試がありましたね。



高校入試が終わりますと


中学3年生は


授業もなく


時間に余裕ができるころだと


思われます。



中学卒業に当たって


コンタクトデビューを考える


という方もいらっしゃるかと思います。



コンタクトレンズデビューには


ちょうどいい時期だと思います。



外来をしていますと


「コンタクトレンズは


 何歳からしていいんですか?」


と尋ねられることがあります。



わたしは


「高校生から」


がいいのではないかと


お答えしています。



昨今はコンタクトレンズを


開始することにも


低年齢化が進んでいると


感じます。



学校検診にいきましても


開業した20年前には


小学生にはいなく


中学生でごくたまに


という頻度だったと思いますが



最近では


小学生でもごくたまに


中学生ではクラスに数人


みかけるようになりました。



けれども


コンタクトレンズは


黒目に直接のせるものですから


黒目に必要な栄養である


酸素の量が


どうしても


少なくなってしまいます。



人生百年


といわれるようになっていますが


人生の終盤まで


黒目の透明性を保つことは


重要なことだと思われます。



黒目が透明性を維持するためには


黒目に十分な量の酸素が


届いていることが必要です。



黒目の透明性を保つために


黒目の内側にある


角膜内皮細胞が


しっかりと働いている


必要があります。



角膜内皮細胞は


加齢とともに


少しずつ減ることがわかっていて



黒目に十分な量の酸素がいかないと


加齢によるものよりも


さらに減ることもわかっています。



黒目に十分な酸素がいかない


原因として


コンタクトレンズの


誤った使用が考えられています。



誤った使用とは


コンタクトレンズを長い時間つけている


コンタクトレンズをきちんと洗わない


コンタクトレンズのまま寝てしまう


コンタクトレンズの使用期限を超えている


コンタクトレンズのみで眼鏡を使っていない


コンタクトレンズ検診を受けていない


ネットでレンズを購入しフィッティングが悪い


などです。



このような誤った使い方をしていますと


黒目に十分な酸素がいかず


角膜の栄養失調の状態に


なってしまいますから



栄養失調ですと


普段はやられないはずの


細菌に感染したり


ヒドい場合には


アメーバに感染したり



栄養失調の状態では


抵抗力が落ちますから


感染症にかかるリスクが


高くなると言わざるを得ません。



黒目が感染症にかかりますと


それが治ったとしても


黒目に白濁が残ることが


あります。



黒目の白濁が瞳の真ん中に


残ってしまいますと


視力が下がります。



その下がった視力は


眼鏡をかけても


眼鏡の度数を上げても


コンタクトレンズの度数を上げても


上げられないことになります。



黒目はレンズの働きをしていますから


透明性を維持することが


大切なのです。



黒目の健康を守るために


正しくコンタクトレンズを


使って下さい。

最新記事

すべて表示

月刊コンタクトレンズ検診情報

コンタクトレンズ検診で 通院してくださっている方も 多くいらっしゃいます。 コンタクトレンズは 本当に便利なもので 私も長年愛用していますので コンタクトレンズの 恩恵を受けている者として また眼科医として 正しく使って コンタクトレンズで 目に障害が起きないようにと 注意喚起をしています。 「月刊コンタクトレンズ検診情報」 を毎月お渡ししています。 今月号は 定期交換タイプの方用と ワンデータイ

コンタクトレンズ開始の至適年齢

6月号のグラフ旭川は 5月25日に発行されたのですが 以前にここでもお知らせしましたが 「市民の健康ガイド」 のコーナーに 文章を書かせてもらいました。 『何歳から何歳まで』 というタイトルなのですが 私が考える コンタクトレンズ使用の 至適年齢についての 意見を書いてみました。 ネットで調べてみますと 「コンタクトレンズは 小学生から使えます」 と書かれていることが 多いのですが、 外来診療をし

何歳から何歳まで

市民の健康ガイド 何歳から何歳まで? こんの優眼科クリニック 今野 優 眼科の外来には、0歳の赤ちゃんから100歳を超えたお年寄りまで幅広い年齢の方がいらっしゃいます。そんな外来の中で「コンタクトレンズ(CL) 希望」という方もいらっしゃいます。「CL希望」で眼科を訪れる方の年齢層にも幅があります。学校検診で視力低下を指摘されたという小学生から、近くが見えにくくなってきたのでと仰る50代の方もいら

Comentarios


bottom of page