top of page
白い木目

お知らせ

  • 優 今野

月間コンタクトレンズ検診情報

Facebook Page に

コンタクトレンズについての記事を書きましたので

紹介させてください。


当クリニックでは

コンタクトレンズ診療にも

力をいれています。


といいますのも

私も強度近視であり

コンタクトレンズを初めてつけたときの

喜びは忘れていませんし

コンタクトレンズの恩恵を

受けているものの一人として

コンタクトレンズで

大切な目にトラブルを

おこさないようにと

コンタクトレンズ診療にも

力をいれているわけです。


コンタクトレンズで

トラブルを起こす原因の一番は

やはり使い方の誤りです。


正しい使い方で

しっかりと消毒をして

長時間にならない使い方をしていると

トラブルに見舞われることも

ないのではないかと思います。


でもでも

コンタクトレンズに慣れてくると

だんだんとズボラな

取り扱い方になっていたり

つけたまま寝ちゃったり

なんてことも

おきてしまうようですから

そういう誤った使い方を

しないように

コンタクトレンズ検診に

来てくださった時に

注意喚起をお願いしています。


そこで毎回手を替え品を替え

コンタクトレンズ使用方法の

啓発のために

「月刊コンタクトレンズ検診情報」

というものをお渡ししています。


またコンタクトレンズを

正しく使っていませんと

黒目(角膜といいます)に

必要な十分な酸素が行かない

怖れがあり

角膜に酸素が少ない状態が

続いてしまいますと

角膜内皮細胞が減ってしまうことが

分かっています。


そこで当クリニックでは

コンタクトレンズを使用している方には

1年に1回

角膜内皮細胞検査を行って

結果をお渡しするとともに

角膜内皮細胞検査について書いた

「コンタクトレンズ検診情報」

をお渡ししています。


「月刊コンタクトレンズ検診情報」

の9月号は

ワンデーの方の情報と

定期交換型の方の情報の

2つを用意しています。


ワンデーの方には

「ワンデーレンズは一番安全??」

というタイトルで

ワンデーレンズを使用中に

感じた違和感について

書いています。


例えば

「レンズをはずしたあとに

 瞬きや目薬をさすとしみる」


「朝起きると目やにが出ている」

などの違和感がありましたら

相談に来てもらうようにと

書いています。


定期交換型の方には

「朝、レンズをつける前に

 することは、

 どっちが正解?」

というクイズにしました。


毎日の擦り洗いとすすぎの

重要性について

書いています。


ソフトレンズを使用している方には

3か月での検診で

目に何も起こっていない

という安心をご理解いただいて

しっかりとした

正しい取扱いを忘れないように

「月刊コンタクトレンズ検診情報」

を手渡ししています。


コンタクトレンズで

何か心配なこと

疑問なこと

がありましたら

ぜひ相談に来てくださいませ。

最新記事

すべて表示

月刊コンタクトレンズ検診情報

コンタクトレンズ検診で 通院してくださっている方も 多くいらっしゃいます。 コンタクトレンズは 本当に便利なもので 私も長年愛用していますので コンタクトレンズの 恩恵を受けている者として また眼科医として 正しく使って コンタクトレンズで 目に障害が起きないようにと 注意喚起をしています。 「月刊コンタクトレンズ検診情報」 を毎月お渡ししています。 今月号は 定期交換タイプの方用と ワンデータイ

コンタクトレンズ開始の至適年齢

6月号のグラフ旭川は 5月25日に発行されたのですが 以前にここでもお知らせしましたが 「市民の健康ガイド」 のコーナーに 文章を書かせてもらいました。 『何歳から何歳まで』 というタイトルなのですが 私が考える コンタクトレンズ使用の 至適年齢についての 意見を書いてみました。 ネットで調べてみますと 「コンタクトレンズは 小学生から使えます」 と書かれていることが 多いのですが、 外来診療をし

何歳から何歳まで

市民の健康ガイド 何歳から何歳まで? こんの優眼科クリニック 今野 優 眼科の外来には、0歳の赤ちゃんから100歳を超えたお年寄りまで幅広い年齢の方がいらっしゃいます。そんな外来の中で「コンタクトレンズ(CL) 希望」という方もいらっしゃいます。「CL希望」で眼科を訪れる方の年齢層にも幅があります。学校検診で視力低下を指摘されたという小学生から、近くが見えにくくなってきたのでと仰る50代の方もいら

Comments


bottom of page