top of page
白い木目

お知らせ

  • 優 今野

老眼にはコンタクトと老眼鏡どっちがいい?

朝日新聞がネット上で掲載しています

Reライフ.net

というページに

私が書いた

『老眼にはコンタクトと老眼鏡どっちがいい?

 メリット・デメリットを解説』

というお話が掲載されました。


お時間がある時に

ぜひ読んでみてください。


目次を紹介します


1.老眼矯正で使われているコンタクトは「遠近両用コンタクト」

(1)遠近両用コンタクトの構造

(2)遠近両用コンタクトの種類

(3)遠近両用コンタクトを使い始めるタイミング


2.遠近両用コンタクトと老眼鏡どっちがいい?

(1)遠近両用コンタクトのメリット・デメリット

(2)老眼鏡のメリット・デメリット

(3)遠近両用コンタクトと老眼鏡の違い

(4)遠近両用コンタクトと老眼鏡の併用も可能


3.遠近両用コンタクトを購入する時のポイント

(1)コンタクトの購入前には眼科で処方箋をもらう必要がある

(2)自分の目に合う種類のコンタクトを選ぶ

(3)お試し期間を経てから購入すると失敗のリスクが低い


4.遠近両用コンタクトを使用する時の注意点

(1)慣れるまでには1週間以上かかる

(2)取り扱い方法を正しく守って使用する

(3)眼科専門医で定期的な検査を受ける


上記の目次に関しまして

結構じっくりしっかり

記載させていただきました。


遠近両用コンタクトを使用する

40歳以上の方には

自覚症状のない眼科の病気が

隠されていることもありますので

コンタクトレンズの処方の前に

眼科でしっかりと目の検査も

受けて欲しいですから

眼科の検査についても

詳しく書かせてもらいました。


ぜひご一読くださいませ。

最新記事

すべて表示

月刊コンタクトレンズ検診情報

コンタクトレンズ検診で 通院してくださっている方も 多くいらっしゃいます。 コンタクトレンズは 本当に便利なもので 私も長年愛用していますので コンタクトレンズの 恩恵を受けている者として また眼科医として 正しく使って コンタクトレンズで 目に障害が起きないようにと 注意喚起をしています。 「月刊コンタクトレンズ検診情報」 を毎月お渡ししています。 今月号は 定期交換タイプの方用と ワンデータイ

コンタクトレンズ開始の至適年齢

6月号のグラフ旭川は 5月25日に発行されたのですが 以前にここでもお知らせしましたが 「市民の健康ガイド」 のコーナーに 文章を書かせてもらいました。 『何歳から何歳まで』 というタイトルなのですが 私が考える コンタクトレンズ使用の 至適年齢についての 意見を書いてみました。 ネットで調べてみますと 「コンタクトレンズは 小学生から使えます」 と書かれていることが 多いのですが、 外来診療をし

何歳から何歳まで

市民の健康ガイド 何歳から何歳まで? こんの優眼科クリニック 今野 優 眼科の外来には、0歳の赤ちゃんから100歳を超えたお年寄りまで幅広い年齢の方がいらっしゃいます。そんな外来の中で「コンタクトレンズ(CL) 希望」という方もいらっしゃいます。「CL希望」で眼科を訪れる方の年齢層にも幅があります。学校検診で視力低下を指摘されたという小学生から、近くが見えにくくなってきたのでと仰る50代の方もいら

Comments


bottom of page