top of page
白い木目

お知らせ

  • 優 今野

月間コンタクトレンズ情報 6月号

前回のここで

コンタクトレンズユーザーと

眼科医の間には

大きな溝があるという

お話を書いたのですが

少しでもその溝が

埋まるように

コンタクトレンズユーザーに

機会あるごとに

注意喚起をしたいと

考えています。


ソフトレンズユーザーは

定期交換型の方も

ワンデーユーザーも

定期検診に通院してもらって

その都度、目に異常がないことを

確認してレンズをお渡ししています。


折角検診に来てくれていますので

この機会に

月刊コンタクトレンズ検診情報を

お渡ししています。


今回は6月号の

検診情報を紹介します。


定期交換型ユーザーには

「あなたのケースはセーフ?」

です。


コンタクトレンズには

微生物による汚染の危険性が

常につきまとっています。


危険の第一は

手指を介してのレンズ装着時の汚染です。

レンズに触れる前には必ず

手を洗いましょう。


第二は

ケースを介しての汚染です。

ケースにしまっておけば

中は清潔と誤解されています。


最後に

瞼や結膜嚢にすむ常在菌による

装用時の汚染です。


ケース内の汚染がもっとも深刻です。

ケースは使用しているうちに

細菌が繁殖してくる危険性があります。

特に細菌によって作られた

バイオフィルムがつくと厄介です。

レンズを取り出したケースは

しっかりと洗浄し、

乾燥させましょう。


保存液の継ぎ足しは危険です。


毎日、レンズを使用している間に

ケースを乾燥させましょう。


新しいケースに

定期的に交換しましょう。


あなたのケースはセーフでしたか?


ワンデーユーザーには

「ワンデーレンズは一番安全??」

です。


現在、ソフトレンズは

皆さんが使用しているワンデーレンズ

2週間や1か月で

新しいレンズに取り替える

定期交換型レンズが主流です。


ソフトレンズは

どうしても汚れが溜まって

いくことが原因で

レンズの酸素透過性が落ち

黒目(角膜)に充分な酸素が

行き渡らないことが

その問題点でした。


その問題点を解決するために

開発されたのが

使い捨てレンズです。


「汚れる前に捨ててしまう」

という発想です。


ワンデーレンズの広がりで

眼障害が減ることが期待されましたが

実は眼障害の発生は

逆に増えています。


長い時間での装用や

つけたまま寝てしまう

ワンデーレンズの再使用

などがその原因です。


ワンデーレンズも

正しく使いましょうね!

最新記事

すべて表示

月刊コンタクトレンズ検診情報

コンタクトレンズ検診で 通院してくださっている方も 多くいらっしゃいます。 コンタクトレンズは 本当に便利なもので 私も長年愛用していますので コンタクトレンズの 恩恵を受けている者として また眼科医として 正しく使って コンタクトレンズで 目に障害が起きないようにと 注意喚起をしています。 「月刊コンタクトレンズ検診情報」 を毎月お渡ししています。 今月号は 定期交換タイプの方用と ワンデータイ

コンタクトレンズ開始の至適年齢

6月号のグラフ旭川は 5月25日に発行されたのですが 以前にここでもお知らせしましたが 「市民の健康ガイド」 のコーナーに 文章を書かせてもらいました。 『何歳から何歳まで』 というタイトルなのですが 私が考える コンタクトレンズ使用の 至適年齢についての 意見を書いてみました。 ネットで調べてみますと 「コンタクトレンズは 小学生から使えます」 と書かれていることが 多いのですが、 外来診療をし

何歳から何歳まで

市民の健康ガイド 何歳から何歳まで? こんの優眼科クリニック 今野 優 眼科の外来には、0歳の赤ちゃんから100歳を超えたお年寄りまで幅広い年齢の方がいらっしゃいます。そんな外来の中で「コンタクトレンズ(CL) 希望」という方もいらっしゃいます。「CL希望」で眼科を訪れる方の年齢層にも幅があります。学校検診で視力低下を指摘されたという小学生から、近くが見えにくくなってきたのでと仰る50代の方もいら

Comments


bottom of page