top of page
白い木目

お知らせ

  • 優 今野

月間コンタクトレンズ情報 6月号

前回のここで

コンタクトレンズユーザーと

眼科医の間には

大きな溝があるという

お話を書いたのですが

少しでもその溝が

埋まるように

コンタクトレンズユーザーに

機会あるごとに

注意喚起をしたいと

考えています。


ソフトレンズユーザーは

定期交換型の方も

ワンデーユーザーも

定期検診に通院してもらって

その都度、目に異常がないことを

確認してレンズをお渡ししています。


折角検診に来てくれていますので

この機会に

月刊コンタクトレンズ検診情報を

お渡ししています。


今回は6月号の

検診情報を紹介します。


定期交換型ユーザーには

「あなたのケースはセーフ?」

です。


コンタクトレンズには

微生物による汚染の危険性が

常につきまとっています。


危険の第一は

手指を介してのレンズ装着時の汚染です。

レンズに触れる前には必ず

手を洗いましょう。


第二は

ケースを介しての汚染です。

ケースにしまっておけば

中は清潔と誤解されています。


最後に

瞼や結膜嚢にすむ常在菌による

装用時の汚染です。


ケース内の汚染がもっとも深刻です。

ケースは使用しているうちに

細菌が繁殖してくる危険性があります。

特に細菌によって作られた

バイオフィルムがつくと厄介です。

レンズを取り出したケースは

しっかりと洗浄し、

乾燥させましょう。


保存液の継ぎ足しは危険です。


毎日、レンズを使用している間に

ケースを乾燥させましょう。


新しいケースに

定期的に交換しましょう。


あなたのケースはセーフでしたか?


ワンデーユーザーには

「ワンデーレンズは一番安全??」

です。


現在、ソフトレンズは

皆さんが使用しているワンデーレンズ

2週間や1か月で

新しいレンズに取り替える

定期交換型レンズが主流です。


ソフトレンズは

どうしても汚れが溜まって

いくことが原因で

レンズの酸素透過性が落ち

黒目(角膜)に充分な酸素が

行き渡らないことが

その問題点でした。


その問題点を解決するために

開発されたのが

使い捨てレンズです。


「汚れる前に捨ててしまう」

という発想です。


ワンデーレンズの広がりで

眼障害が減ることが期待されましたが

実は眼障害の発生は

逆に増えています。


長い時間での装用や

つけたまま寝てしまう

ワンデーレンズの再使用

などがその原因です。


ワンデーレンズも

正しく使いましょうね!

最新記事

すべて表示

黒目の栄養は酸素です

コンタクトレンズ検診に 通院されている方々が 多くいらっしゃいます。 コンタクトレンズは 眼鏡をかけなくても よく見えるようになる 本当にスグレモノです。 私も19歳の時から コンタクトレンズを 愛用していますので もう40年以上のつきあいに なります。 コンタクトレンズは とっても便利なスグレモノ なのですが 黒目(角膜といいます)に とっては やはり少なからずの負担を かけてしまうことになりま

12月30日から1月3日まで休診です

本日12月30日から1月3日まで 年末年始の休診とさせていただきます。 年末年始ゆっくり休んで 1月4日木曜日から 通常診療となりますので どうぞ宜しくお願いします。 休診の間、メール予約・メール医療相談にも お応えできませんので ご了承のほど、お願いします。 年末年始はお酒を飲む機会や お友達に会う機会も多いことと思います。 コンタクトレンズを使っている方で 帰宅した時に酔ってしまっていて レン

目が大きくなっちゃった

コンタクトレンズ検診で 通院している方も 当クリニックには 多くいらっしゃいます。 コンタクトレンズは 眼鏡をかけなくても 遠くがはっきり見える それは優れものですね。 私自身も大学2年生の時に 初めてコンタクトレンズを いれた時には その見え方に感動したものでした。 なにしろ 小学校5年生の時に 眼鏡をかけるようになってから 段々と近視が進んで 眼鏡の厚さが増していました。 眼鏡をかけると 目が

bottom of page